女性のひげ薬とは?

女性のひげ薬とは?

女性にひげが生えるのは男性ホルモンが優位になってきているからというのは、だいたい皆さんご存知だと思います。
でも、それに薬ってあるのでしょうか?つまり、ひげの毛根を破壊して、毛が生えてこなくなるような薬です。

 

薬ではありませんが、毛根を弱らせて、毛を細くして、毛が伸びる周期を遅らせるクリームならあるみたいなんです。
でも、これは顔用ですので、ひげの薬といってもいいかもしれません。

 

それが「ノイス」というものです。ノイスには抑毛効果が実証されている天然の植物や海藻エキスを200種程度配合してフィリニーブという独自物質を使っています。
つまり他のスキンケアクリームには絶対入っていない成分が入っているのですが、これがひげの毛根を弱らせ、毛を細くして、生えてくる周期を抑えてくれるそうです。

 

つまり、ひげの薬ですよね。もちろん産毛にも使えます。顔専用なので、処方はとても優しく、スキンケアにも効果を発揮するそうです。
そもそも産毛がひげにかわるぐらいになるのは、女性ホルモンが減るからなので、それを直接ひげに塗ってしまえば、効果があるに決まっていますよね。

 

しかも、女性ホルモン様成分は、お肌を綺麗にしてくれますので、薬ではなくて、スキンケアクリームと名前がついているのですね。
あなたもまだ塗り薬と電気シェーバーで間に合うくらいの産毛かひげなら、ノイスを同時に試してみてはどうでしょうか?

 

電気シェーバーで剃っても、跡が残る、ぜんぜん普通の肌に戻らない。もしくは、赤くはれたり、ぽつぽつしたり、敏感肌になってしまった。
という人は皮膚科に行って、相談した方がいいと思います。なぜなら、医療脱毛は医師免許を持つ人が開業しているクリニックですから、皮膚科なんです。

 

永久脱毛するにしても、今の肌荒れをなんとかして、電気シェーバーを使いたいというのにしろ、薬を処方してくれますし、その場で治療もしてくれます。
もうすでにひげの自己処理で大変なお肌になっている人は自分であれこれ購入して何かをするよりは、皮膚科に行って、専門に聞いてみるのが一番なのです。

 

そこで、永久脱毛を進められて、少々高いけれど、肌も綺麗になるし、ひげもなくなるというなら、それでいいと思いませんか?
特に、アトピー性皮膚炎の人は、電気シェーバーなどを使うと、余計に肌のバリア機能が壊れてしまい、治りかけていた皮膚が元のボロボロになったりします。

 

産毛やひげも生えていてアトピー性皮膚炎なんて女性なら、外出するのも嫌になってしまいますよね。
とにかくひげの処理には慎重になってくださいね。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?